Warning: include(/home/asianjp/www/party-live.com/wp-content/themes/party-live/slider_img.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/asianjp/www/party-live.com/wp-content/themes/party-live/page.php on line 2

Warning: include(): Failed opening '/home/asianjp/www/party-live.com/wp-content/themes/party-live/slider_img.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.4/lib/php') in /home/asianjp/www/party-live.com/wp-content/themes/party-live/page.php on line 2

コミュニケーション術

異性との会話が苦手な人もこれで大丈夫!

まず何より笑顔で挨拶がコミュニケーションの第一歩

パーティー会場には男性も女性もさまざまな年齢層の人がたくさん居ます。自分から話しかけに行く場合もあれば、誰かが自分に話しかけてくる場合もあります。どんな場合でも笑顔で対応できる人はやっぱり見てて素敵に映るもの。緊張して何も話せない場合でも、とにかく笑顔で居る事が大切です。せっかくのパーティーですから、無愛想で居るのではなく笑顔の時間を増やしたいものです。パーティーに限らず、初対面の挨拶をきちんと笑顔でできる人は好印象を持ってもらえます。もしも自然な笑顔を出すのが苦手な人は、パーティー開始前に鏡の前で笑顔の練習を軽く済ませておくのもオススメです。

会話の入り口となる第一声は、あらかじめ決めておく

パーティー会場に行くと、自分から積極的にどんどん話しかけてる人を見かけると思います。そういう人も会話の入り口を常にその場で考えているのではなく、あらかじめ準備してある自分なりの第一声を決めている場合がほとんどです。具体的にどんな第一声を準備しているか、その一例をご紹介します。

party-live-communication2

◇割と一般的な第一声

  • 『こんばんわー』
  • 『飲んでますか?楽しんでますか?』
  • 『今日はどちらからの参加ですか?』

◇少し上級者なら

  • 『そのドレス、素敵ですね』
  • 『今お持ちのカバン、もしかして○○ですか?』
  • 『ご飯食べました?凄く美味しかったですよ』

あまり突拍子もない第一声をかけると、その時点で敬遠されてしまう場合もありますので気をつけましょう。最初は無難に『こんばんわ』の挨拶からで良いと思います。そこから少しづつ、自分なりの会話のマニュアルを作りあげていくようなイメージです。

注意点を一つ挙げるとしたら、お相手が会話に対して乗り気でないと感じた時。あまりしつこくならずに引き際を見極める事も大切です。年齢差があったり、会話のフィーリングが合わなかったり、住まいが遠かったりの理由で上手くいかなそうな場合もあります。そんな時はサラリと引くのも大事です。

相手の話を良く聞いて、共通点を探す事が重要

『話し上手より聞き上手』という言葉がありますが、まさにパーティーではこの言葉がぴったり当てはまるのではないでしょうか。パーティーの場で自分の事ばかりペラペラ話す人が居ますが、これはあまり感心できません。初対面の人の自慢話ほど、聞かされて不愉快になるものはありません。むしろパーティーの場では相手の話を良く聞いて、そこから共通の話題を見つけ出す事が大事です。

食べ物の話、仕事の話、出身地の話、星座や血液型の話など、共通の話題を見つけ出す事がポイントです。仕事が同業種なら、出身地が同じかもしくは近かったら、星座や血液型が一緒なら、自然と話も盛り上がる事と思います。共通の話題があれば、自分の事を覚えてもらえる可能性もグっと高まります。連絡先の交換をして、パーティー終了後にメールを入れる時『同じ獅子座の○○です、今日はありがとうございました』と送れば自然ですね。さらに付け加えるなら『パーティーの時に話したパスタの件ですが、美味しいお店知ってるので今度ご一緒しませんか?』なんていうアプローチの方法も好印象かもしれません。

会話が途切れた時の為に、あらかじめ話題を準備しておく

初対面の人との会話に慣れていない場合ですと、話している中で『間』ができてしまう事が多々あるかと思います。そんな時にはあらかじめ話題を準備しておくと、途切れた時でも雰囲気を崩さずに修正する事ができます。ニュースになっているような時事ネタ、当たり障りない質問、自分が最近聞いた面白い話など、どんな事でも構いません。

party-live-communication1

◇明るく楽しい話題の例

  • 『休みの日は普段どんな風に過ごしてるんですか?』
  • 『話題のあの映画見たけど、凄く良かったですよ!』
  • 『最近、新しい趣味を初めたんです!』

◇仕事の話や失恋など、暗い話はNG

  • 『最近お仕事どうですか?僕は残業ばかりで…』
  • 『つい最近、恋人と別れたばかりなんですよね』
  • 『この前、仲良しの友達とケンカしちゃって…』

せっかくのパーティーなので気持ちが沈んでしまうような話は抜きにして、できるだけ楽しい会話を提供できるように準備しておきましょう。その方が会話も盛り上がりますし、自然と笑顔のある会話になります。

会話の内容はもちろん、相手の特徴や情報を覚える事が大事

パーティーの会場にはたくさんの人が居ます。パーティーに参加している人は、当然ながら色々な人とお話をする事になります。その多くが初対面でしょうから、パーティー終了後に顔と名前が一致しないケースも多々あり得ます。連絡先を交換したは良いものの、後になってどんな人でどんな会話をしたか解らないのでは困ってしまいます。

パーティーはあくまでも初対面の人と知り合うきっかけの場であり、多くの人はパーティーで知り合った人とまたプライベートの機会で会いたいと思っているはずです。それならなおさらの事、相手の特徴や話した内容はしっかり覚えておきましょう。忘れそうな場合はメモしておくのも一つの手段です。連絡先を交換したら電話帳に登録する時のメモの所に、年齢・出身地・着ていた服の特徴・話した内容などを残しておきましょう。さらに活用するなら、次のデートまでにその情報について調べておくと良いかもしれません。お相手の好きなブランドのお店がどこにあるか、お相手の出身地の名物など、モテる人は細かい所までアンテナを張り巡らせているものです。

失敗を恐れずに、ありのままの自分で勝負!

パーティーに参加したら、たくさんの人とお話をする事になります。中にはフィーリングの合わない人も居るかと思います。話しかけたのに応じてもらえなかったり、会話の途中でフェードアウトされてしまったり。そんな時でも気持ちの面で落ち込まない事が大切です。パーティーの時間は限られていますので、落ち込んでいたら時間がもったいないです。気持ちを切り替えて、次の会話のお相手を探しましょう。

それともう一つ。初対面の場では、ついつい自分の事を飾ってしまいがちです。将来的にお付き合いをしたいのなら尚更、初対面の時もありのままの自分で臨む事が大切です。いくら良く見せようとしても、いつかは素の自分が出てしまいます。初対面の相手に印象良く見せたいという気持ちも解りますが、ありのままの自分を出した方が良い結果がでるものです。背伸びせずにリラックスして、普段通りの自分でパーティーに臨みましょう。その方がきっと、今後のお付き合いにも良い影響が出ると思いますよ。