Warning: include(/home/asianjp/www/party-live.com/wp-content/themes/party-live/slider_img.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/asianjp/www/party-live.com/wp-content/themes/party-live/page.php on line 2

Warning: include(): Failed opening '/home/asianjp/www/party-live.com/wp-content/themes/party-live/slider_img.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.4/lib/php') in /home/asianjp/www/party-live.com/wp-content/themes/party-live/page.php on line 2

パーティーマナー

マナーを守ってパーティーに参加する事で、会場内で格好良く美しく際立つ事ができます。大人として覚えておきたいパーティーマナーを守って、ライバルに差をつけましょう!


食事・お酒のマナー

・料理は並んで順番に
パーティーの食事はほとんどの場合がビュッフェ形式になっています。コース料理の順番に、前菜→サラダ→魚料理→肉料理→メイン→デザートという順に並んでいますので、その順番通りに右から左にお皿に取っていきましょう。この時に列を割り込んだりしないように、きちんと並んで取る事がルールです。並んでる間にも前後の人と会話をしてみるのも良いかもしれません。
・お皿は一度に一枚
立食スタイルのパーティーでは、何度でも料理を取りに行く事は自由です。なので、取り皿は一度に一枚にするのがマナーです。一度に二枚以上のお皿を持つのはNG。自分の分の料理だけ、食べられる分だけの料理を取りましょう。盛り付ける際の見た目にもこだわれる様になれば、パーティー上級者です。
・盛り付けの際のマナー
温かい物と冷たい物は、同じお皿に盛り付けないようにしましょう。作り手に対しての敬意を払う意味でも、別々のお皿に盛るのがマナーです。欲張ってたくさん盛り付けると見映えが悪いですし、こぼしてしまう危険もあります。盛り付ける際のサーバー(スプーンとフォークを大きくしたようなもの)の使い方にも注意です。日本式で箸を持つ要領で使用しても構いませんが、難しい場合は両手を使っても問題ありません。
・料理は食べ残しの無いように
ビュッフェ形式の場合、食べ残しはマナー違反となってしまいます。食事テーブルに食べ残しの料理があると、見映えが非常に良くないので印象が悪くなってしまいます。ポイントは、一つの料理を少しづつ盛り付ける事。最初に取りに行く時には、自分の食べられるだけの量を盛り付けるようにしましょう。
・自分の料理は自分で。他人の分まではNG
立食パーティーのビュッフェ料理の基本はセルフサービスです。混んでるからと言って、数人分の料理を一度に取るのはNGです。つまり男性が女性に対して紳士的な振る舞いを見せようとして、「料理、取ってきてあげるから待ってて」なんていうのもNGです。良い所を見せようとして逆に失敗してしまうケースもありますので、気をつけましょう。
・グラスの持ち方、お皿の持ち方
立食パーティーの場合は、お皿とグラスを片手で持つのが普通です。一般的には親指と人差し指でしっかりとグラスを持って、人差し指と中指の間にお皿を挟み込むようなイメージです。そして残りの指でお皿を支えて下さい。慣れるまでは難しいかもしれませんが、事前に家で練習すれば誰にでもできます。パーティー会場で自然にできるようになれば、見た目もスマートに映ります。
グラスだけを持つ場合も、キレイに見えるコツがあります。男性の場合は胸のあたりの高さでグラスを持つと堂々として見えますし、女性の場合は胸の少し下あたりの位置で両手で持つと上品に見えます。覚えておくと良いでしょう。
・ハンカチや紙ナプキンを上手に活用
冷たい飲み物が入ったグラスからは、どうしても水滴が垂れてしまいます。見た目もあまり良くないですし、手が濡れてしまったり、床に垂れてしまったりと困りものです。そんな時はハンカチもしくは紙ナプキンでグラスの底の水滴を拭っておきましょう。そうでなくてもハンカチはしっかりと携帯しておくと好印象ですね。
・食べながら歩くのはNG
立食パーティーは大勢の人と話す場であり、料理も自由に食べられる、移動も自由にできる場です。しかし、食べながら会場内を歩いたりするのはマナー違反です。グラスを持ったまま移動するのは構いませんが、お皿を持っての移動はNG。ぶつかる危険性もありますし、何より落ち着きが無い人だと思われてしまいます。パーティー会場では落ち着いた品のある立ち振る舞いが好まれます。
・お酒はほどほどに
パーティーの場ではお酒の提供もしている所がほとんどです。パーティー会場では初対面の人に話しかける場なので、緊張してしまうのも当然の事です。リラックスして会話ができるように多少のアルコールの力を借りるのは良い事ですが、飲みすぎにはくれぐれも気をつけましょう。パーティーの場で酔って他人に迷惑をかけてしまう様では、出会いのチャンスを逃してしまうどころか社会人として失格です。あくまでも会話を円滑に進める為に飲むという事を覚えておきましょう。
・使い終わったグラス、お皿の下げ方
返却口等が設けられてない場合は、使い終わったグラスやお皿はわざわざ下げる必要はありません。食事用のテーブルの上に置いておけば、会場の担当者が片付けてくれるのが普通です。その際にはお皿は重ねないのがマナー、自然な感じで置いておきましょう。

会話、コミュニケーションのマナー

・参加したら、必ず誰かと話しましょう
パーティーの目的は、食事やお酒ではなく「出会い」や「交流」です。初対面の人と色々な会話を楽しむ事が、パーティーの目的であり、主催者もそれを望んでいます。せっかく参加費を払ってパーティーに参加したのなら、必ず誰かとの会話を楽しみましょう。誰とも会話をしないパーティーは、それこそ満足感の得られないパーティーになってしまいます。そんな結果にならないように、色々な人と話して交流をしましょう。
・まずは隣の人に挨拶と乾杯からスタート
初対面のお相手と何を話したら良いのか解らない。そんな悩みを抱えてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな場合はまず最初に、隣に居る方に声をかけてみましょう。勇気を出して「こんばんわ」と声をかける事ができれば、パーティーがよりいっそう楽しくなります。挨拶の後にグラスをカチンと交わす事ができれば、それをキッカケに色々な話ができます。この一言が言えると言えないでは大きな差があります。初対面でも臆する事なく話しかけるのが、パーティーを楽しむ一番のコツです。
・笑顔で楽しい会話を心掛けましょう
明るく華やかなパーティーの場ですから、できるだけ笑顔で会話を楽しめる様にしましょう。余裕があればパーティーの開始前の時間に、鏡の前で笑顔の練習をしておくのも良いでしょう。
それと会話の内容ですが、できるだけ明るく楽しい話題を心掛けましょう。間違ってもグチや悪口はNGです。最近のニュースやファッション、趣味や出身地の話題などが望ましいですね。それに適度な笑い話を交えれば、自然と笑顔になれるはずです。相手の話に相槌をしっかりうちながら、楽しく会話を盛り上げるように心掛けましょう。
・あまりガツガツしすぎない様に
いくら初対面の相手に話しかける事が許されているパーティーの場とはいえ、やたらと色々な相手に次々に声をかけるのはマナー違反です。人が多いパーティー会場とはいえ、会場内での他人の流れは見ていないようで見ているものです。「あの人、手当たり次第に声かけてるね」なんて思われたら、それだけで印象が悪くなってしまいます。たくさんの人と話すのは良い事ですが、度を超えない様に気をつけましょう。
・初対面の会話でプライベートに深入りはNG
初対面のお相手と仲良くなろうという気持ちが強く出てしまい、ついついプライベートな質問まで沢山してしまう方を見かけます。パーティーの場での会話はあまり深い部分まで入り込まずに、表面的な部分までに留めておきましょう。良い意味での「当たり障りない会話」までにしておき、それ以降の話題に移る時にはある程度の仲が深まってからのタイミングがベストです。
・相手との話が合わないと感じたら
パーティーで初めての人と会話をしている中で、どうしても雰囲気が合わないお相手も出てくる事と思います。そんな時には話を合わせるのも良いですが、無理してまで会話を続ける必要はありません。さりげなく空気を壊さない程度に、その場を離れるのがベストです。パーティーの時間は限られていますから、時間を有効に使う意味でもロスは避けたいものです。飲み物を取りに行くか、お手洗いに行くなどして自然にその場から離れましょう。相手に失礼と考えてしまう方も居るかと思いますが、そこまで気にする必要はありません。話の合いそうなお相手を見つけて、双方にとって楽しいパーティーにしましょう。
・場の空気を壊さないような振る舞いも重要
パーティーの場での会話は1:1だけとは限りません。その場に居合わせた数人で会話をする機会も必然的に出てきます。そんな時にも、場の空気を壊さないように立ち振る舞いましょう。何気ない一言でその場の雰囲気が悪くなってしまっては、その席に居合わせた全員がシラけてしまいます。相手の意見や考え方を否定してしまうと、そういった事態になりかねません。大人の立ち振る舞いができるよう、心掛けましょう。
・名刺交換の際のマナー
ビジネスパーティーや異業種交流会の場合はもちろん、通常のパーティーでも名刺交換をする機会は多々あります。もしも名刺を持っているのなら、パーティーの前に準備しておくのが良いでしょう。パーティーの時間内で名刺交換をする場合は、グラスやお酒は一度テーブルに置いてから。名刺を丁寧に扱うのは当然の事として、相手の目を見て両手できちんと名刺交換をしましょう。
・食事やお酒メインではなく、会話がメイン
パーティーに参加するには当然ですが参加費用がかかります。しかも普通にレストランで食事をするよりも若干高めに設定されている場合が多いです。これは会場や料理に対しての金額設定ではなく、新しい出会いと交流に対しての費用になります。ですので、お金を払った分だけ飲んで食べなければ損という考え方は間違っています。たくさんの人と知り合って、交流をして、それで元を取るという考え方が正しいのです。
・固くならずにリラックスする事が大切
パーティーはセレブやお金持ちだけが参加できる格式の高いものというイメージは、今の時代にはありません。普通に定職に就いている方なら誰でも参加できます。キレイな会場で美味しいお酒とお料理、服装もフォーマルですが、決して固くなる必要はありません。参加しているのはみんな普通の人たちです。固くならずにリラックスして会話を楽しむ方が、きっと良い結果が出る事でしょう。

挨拶・立ち振る舞いのマナー

・パーティー会場に入る前に
パーティー会場に入る前には、もう一度だけ身だしなみのチェックをしておくのが良いでしょう。鏡の前で軽くチェックして、笑顔の練習もしておくと良いですね。それと時間に余裕持って会場に着くようにしましょう。受付をスムーズに済ませて会場内の位置関係を先に把握しておくと、後々になって何かと便利です。
・大きな荷物はクロークへ。会場内では軽装で
パーティー会場に着いたら手荷物は最小限にして、大きな荷物はクロークがあればに預けるようにしましょう。荷物を持ったままでの立食パーティーへの参加は大変ですし、食事をするのに荷物があっては邪魔になってしまいます。会場内が混んでいる場合はトラブル発生の原因にもなります。貴重品や携帯などだけ持って、後はクロークに預けましょう。その方が会場内での移動も会話もスムーズにできます。
・会場内の色々な人に挨拶をしましょう
パーティーの会場内にはたくさんの人が居ます。もし会場内に知っている人が居るなら、まずは挨拶に行きましょう。面識が無い場合でも主催者の方へも挨拶に行くと、とても好印象に見えます。それが済んで落ち着いたら、会場内の参加者にも挨拶をしましょう。もちろん初対面になるでしょうから、失礼の無いように。会話のスタートは何よりもまず挨拶からですね。
・見た目がキレイな立ち方を心掛ける
立食パーティーの場合は、いかにキレイに格好良く立っているかがポイントです。どんなに服装や髪型やアクセサリーでキレイにしても、立ち姿がキレイでないと台無しになってしまいます。胸を張って背筋を伸ばして、猫背にならないように気をつけましょう。凛とした姿に異性は惹かれるものです。
・会話を楽しむ場所にも気をつけましょう
会場内の移動が自由にできる場合でも、会話を楽しむのはあくまでも食事テーブルの付近にしたいですね。料理台や出入り口の近く、化粧室への通路などでの会話は、周りの方への迷惑になってしまう可能性があります。会話を楽しむ場所にも気をつけてみましょう。
・視野を広く、気遣いができる紳士や淑女に
パーティー会場内にはたくさんの人が居ます。お酒も入って音楽もかかって、会場のムードは盛り上がっている事でしょう。そんな中でも視野を広く持つ事ができれば理想です。例えば後ろを通ろうとした人が居たら、スっと道を開けてあげる。ずっと立っているので疲れてないか声をかけてあげる。などの気遣いができると、相手が持つ印象もぐっと変わります。そんな紳士や淑女の立ち振る舞いができればベストです。
・立食スタイルの際の椅子の使い方
立食パーティーの場合でも、会場内に椅子が用意されている事があります。ですがこの椅子は、やたらと使って良いものではありません。ずっと立っているのに疲れた人が、少しの時間だけ休憩するのに使うものです。もしくはパーティーの最中に体調が悪くなってしまった場合に使うものです。当然ながら椅子に座って食事をするのも、ずっと座ったままで居るのもNGです。荷物を置いて椅子を確保するのは言語道断という事になります。
・遅刻や途中退出OKの場合でも、節度を守って
パーティーには遅刻や途中退出がOKとなっている場合もあります。その場合、あからさまに周りに解るように出入りすると、それだけで場の雰囲気を壊してしまいます。できる事なら乾杯の時間には間に合うように会場入りはしておいた方がベストです。途中退出の場合は主催者もしくは面識のある人にだけ軽く挨拶して、静かに会場を出るように心掛けましょう。
・パーティー会場から出た後に
パーティー終了時間になって会場から出た後も、参加者は自分の事を見ています。会場から出た後も、隙を見せない様にしましょう。連絡先の交換や二次会のお誘いは、できるだけパーティー時間内に会場の中でスムーズに。会場の後片付け等に迷惑の掛からないようにしましょう。
・目的はあくまでも新たな出会いと交流
パーティーの目的はあくまでも新たな出会いと交流です。パーティーに参加する時には、きちんと交流する事を目的とした上で参加しましょう。食事やお酒は、交流を引き立てるものです。マナーを守って交流する事で、きっと素晴らしい時間を過ごす事ができます。たくさんの人とコミュニケーションをとって下さい。